まちづくり交流委員会

 

まちづくり交流委員会 委員長 阿部賢太
(担当副理事長 河村直樹)

 

 昨今、海老名市は都市化と共に転入者も増加傾向にあります。新旧多様なライフスタイルが共存している古くて新しいまちと言えます。一方で人と人とのつながりが希薄化し、まちや人に対し関心を持つ余裕がないのが現状であるといえます。今を生きる我々は、時代の変化に柔軟に適応しつつ「住みたい、住み続けたいまち海老名」を達成するために、皆が自分事として新たな一歩を踏み出すきっかけを作るアクションを起こします。
 4月例会では皆がまちや人に対して関心を持ち、愛着を持ち楽しめるコンテンツを用意し、コミュニケーションを図りながら交流が深められる「場」を設けます。未来を考える機会を作り、発展し続ける海老名のまちと共に成長できるビジョンを持ち帰ってもらいます。10月例会では、海老名の新しい文化の象徴として根付きつつある「えびフェス」を開催します。ダンスを中心とした事業のなかで花火や幅広い人に当てはまるコンテンツを増やし、より多くの方に楽しんでもらえる内容にします。海老名市政や地域諸団体と連携を図りながら、単独では経験できないスケールメリットを活かした事業を構築し老若男女を巻き込む大規模な事業にします。また新しい試みとしてボランティアを募り、より多くの方に青年会議所の事業を知っていただくとともに、「えびフェス」に携わった達成感と一体感を味わってもらうことで認知度が上がり海老名青年会議所のブランドとしての価値を高め地域にとってなくてはならない存在になります。
 海老名に住む方々がまちや人を好きになることで、より明るい未来になり、海老名の発展に繋がると信じます。このまちの為に何ができるか、何をすべきなのか、奉仕の心を持って率先して行動することで海老名青年会議所が必要不可欠な存在となると考え、1年間邁進していく所存でございます。

[事業計画]
1:4月例会の企画・運営
2:10月例会 えびフェス2020の企画・運営
3:えびフェス実行委員会の運営(通年)
4:担当例会における広報の発信
5:8月 決起集会例会の企画・運営
6:40周年式典懇親会の設営及び運営
7:交流を通じた委員会運営の実施
8:各委員会事業への協力(通年)
9:50名拡大必達ための協力(通年)