総務委員会

 

総務委員会 委員長 直江遼
(担当 副理事長 塚田芳之)

 

 近年拡大を強化してきた海老名青年会議所は、今年40周年を迎える記念すべき一年です。今までの諸先輩方が作り上げてきた組織が拡大化する中で、設立当初の理念を大切に、より強固な組織として青年会議所活動を推進していく必要があります。そのためには、今まで以上に適正な組織体をなし、正確かつ効率的な組織運営が必要だと考えます。また、各種大会への参加を通じ、他地域の仲間と切磋琢磨することで、個々が成長する機会が必要です。
本年度の総務委員会では、まず、より良い活動や運動を行うために、例会や事業の設営と運営に対して規律を持って行って参ります。また、海老名青年会議所の活動や運動、各例会事業を地域に発信を行っていくことで、青年会議所活動を広め、各委員会をサポートして参ります。1月は、最高意思決定の場である総会を開催し、前年度事業報告や決算承認を行います。また、理事長の所信表明をメンバー全員で共有し、今年度の活動への当事者意識を高め、記念すべき40周年のスタートに相応しい例会と致します。賀詞交歓会では今年度新体制のお披露目と、ご来場された方々や各地青年会議所の同志へのおもてなしを致します。7月例会ではサマーコンファレンスへ多くのメンバーと参加するための運営を行い、LOMの団結力を高め、8月の総会では次年度人事の承認を行います。また、9月例会では平塚での神奈川ブロック大会参加を運営し、県内同志との交流を深め、11月は横浜での世界大会参加を運営し、国際的な繋がりから自己成長を図ります。12月は今年度最後の総会と卒業例会を開催し、卒業されるメンバーと現役メンバーにとって、思い出深い例会と致します。
本年度、総務委員会は海老名青年会議所の基礎の部分から下支えし、組織の要として委員会メンバーが一丸となり、率先垂範して活動や運動に取り組んでまいりますので、どうぞ一年間よろしくお願いいたします。

[事業計画]
1:1月(第83回)、8月(第84回)、12月(第85回)総会の設営
2:1月例会 新年式典の企画・運営
3:7月例会 サマーコンファレンス参加の運営
4:9月例会 神奈川ブロック大会参加の運営
5:12月例会 卒業例会の企画・運営
6:正副理事長会議、定例理事会の設営、アジェンダ作成、議事録作成
7:インデックス・基本資料・名刺の作成
8:ホームページ・SNS・メーリングリストの運営維持・更新
9:年度の予算案及び年度末決算書の作成(通年)
10:例会事業の予算案及び決算の審査(通年)
11:各種大会への開催案内および出向者支援
12:交流を通じた委員会運営の実施
13:40周年式典における式典の設営及び運営
14:各委員会事業への協力(通年)
15:50名拡大必達のための協力(通年)