40周年準備委員会 基本方針

 

40周年準備委員会 委員長 齊藤貴紀
(担当専務理事  若林 啓太)

 

海老名青年会議所は1980年の設立以降、愛する故郷「海老名」のために、諸先輩方がそれぞれの時代に必要な運動の発信を行ってきました。その歴史の積み重ねが今日の我々の礎となり指針となっております。来年、海老名青年会議所は設立40周年を迎えます。この大切な節目を素晴らしいものにするために諸先輩方へ感謝の意を表すと共に、伝統としての心と誇りである郷土愛を伝承し、改めて理解を深める必要があります。
まずは、伝統ある海老名青年会議所の歴史とその精神を振り返り、行われてきた事業や関係諸団体との交流を現役メンバーが体感することで、海老名青年会議所の未来につながる40周年記念式典となる準備をします。そのため、現役メンバーが諸先輩方と交流し、歴史や精神を勉強できる場を提供します。
また、対外にも海老名青年会議所の魅力を伝えるため、市民の皆様と交流できる場が必要です。「海老名にいたからこそ、この縁ができた」と思える人間関係を構築します。これからの海老名の未来を担う世代を集めて積極的にコミュニケーションをはかる事が出来る場を設けることで、市民の皆様が信頼できる仲間をつくる機会を創出いたします。具体的には出会いの季節である4月に40歳になる海老名市民を対象として、行政と連携を取りながら、これからの海老名の未来を背負っていく年代の方々が集まれる場所・時間を作り、その中で積極的に交流をはかり、絆を深められる場を提供いたします。
このように40周年のために準備をすることで、これからの私たちの意識が高まりやるべきことの道が見えてきます。また、目標を明確化することで、これからの我々の行動指針が具現化し、時代に即した地域に求められる魅力的な団体になることが今後の海老名の魅力的なまちづくりのために必要不可欠だと考え、1年間邁進していく所存でございます。

[事業計画]
1:4月例会「ダブル成人式」の企画・運営
2:OB交流会(8月例会内)
3:OB交流会(通年)
4:各委員会への協力(通年)
5:50名拡大必達「拡大なくして未来なし」
6:目指せ全員参加100%例会!!