海老名青年会議所

拡大推進会議

議長

曽根 友基

副議長

齋藤 彰

事業方針

近年、会員数の減少や在籍年数の短期化が大きな課題となっておりますが、大きな成果が出ていないのが現状です。新たな仲間を増やすために、青年会議所活動の意義や目的魅力をLOMメンバー全員で共有し、我々が変革の能動者として発信、伝播していくことが必要です。「明るい豊かな社会」の実現に向けた運動を展開していくためにも50名のメンバーが最低限必要な人数あると考え、それに向けた拡大活動を行わなければなりません。

まずは、拡大しやすい環境を整備し、一年を通じて常に入会候補者の情報が入るような土壌を作らなければなりません。継続的な拡大活動を行うには、メンバー間の情報だけでは限りがあるため、市民の交流機会を作るための異業種交流会を開催し、それと同時に新たな入会候補者を発掘致します。また、各委員会と連携し、それぞれの事業を通じて我々の活動を発信することによってJCの魅力を感じていただき入会に繋げてまいります。さらに、諸先輩方との情報交換や地域の諸団体の事業などにも積極的に参加、協力することで、新たな人脈を構築し入会候補者の情報を収集致します。そして、拡大・勧誘ツールを拡充するとともに入会候補者リストの共有を行い、誰もがいつでも拡大活動ができるように意識付けを致します。また、組織力を高めるためには、拡大するだけではなく入会後のフォローアップも大切なファクターとなります。入会当初から例会や事業に出席するきっかけを失うことで退会してしまうというケースがありますので、入会の浅いメンバーに対するフォローアップの仕組みを作りあげ、メンバーのつながりを強化致します。

会員拡大推進会議では、会員拡大とは何かということを考え、メンバー間の情報を共有するとともに、会員拡大という形を確立すべく活動を展開いたします。50名LOMを必達目標として、積極的に行動してまいります。一年間、どうぞよろしくお願いいたします

事業計画

  1. 2月例会の企画・設営
  2. 拡大会議の開催
  3. 各委員会事業への協力
  4. 50名LOM必達!育もう えびな未来ネットワーク
Return Top