海老名青年会議所

会員拡大交流委員会

委員長

三田 春樹

事業方針

現在、私たちの活動を未来へ繋ぎ、発信する「人財」が減少しつつあります。人口が増えていくまちで、地域のことを想い、率先して行動をする仲間、また地域社会の継続的な発展を語り合う同志を増やすことが、明るい豊かな社会を実現する為に重要な課題と考えます。
今年度、まずはメンバー全体の会員拡大に対する意識の向上をはかり、拡大対象者の情報をメンバー間で交換する為、拡大交流委員会を 中心に定期的に拡大会議を開催してまいります。また拡大会議であげられた情報をもとに、継続的な会員拡大活動に繋がるように候補者リストを更新してまいり ます。さらに各地で成果を上げられた手法を活かし、多くの人財を発掘いたします。そして、更新された候補者リストをもとにメンバーの皆様のご協力をいただ きながらアプローチをいたします。拡大交流委員会とメンバー全体で会員拡大の大きな目標に向かって力を合わせ活動、交流することで魅力ある仲間が多く集う 組織にしてまいります。入会して間もないメンバーにはアカデミーやセミナーの参加を促し、青年会議所の魅力を感じて貰えるようにフォローアップをいたしま す。
青年会議所全体で拡大を推し進める為には各委員会メンバーの協力なしでは拡大を成功させることはできません。拡大交流委員会が各委 員会と連携をとり拡大対象者や地域の方に私たちの活動や各例会事業を広く発信する事で多くの市民の参加や候補者にオブザーブして頂ける環境づくりをしてま いります。拡大交流委員会の取り組みとしてスポーツを通じて市民との交流を促し、同じ目標に向かう事で強い絆を育む事業を展開いたします。そして例会では 1年間のJC活動を振り返り、市民の方に私たちの活動を知って頂く事で会員拡大に繋げてまいります。現役メンバーやOB、それに地元企業に情熱をもって、 私たち委員会でお声掛けをして将来を担う人財に繋いで行ける様、継続的に活動をしてまいります。
「広げよう!想いをひとつに同志の輪」をスローガンに20名の会員拡大を実践して参ります。そして海老名青年会議所の想いがひとつ になるよう、メンバーの交流を大切にし、同じ志を持った仲間により多く出会えるようにメンバーが一丸となり大きな輪を広げ、35周年を迎え未来に向かって 邁進して参ります。
委員会メンバー、一同頑張りますので、一年間宜しくお願い致します。

事業計画

  • 4月例会の企画・運営
  • 11月例会の企画・運営
  • アカデミー事業の実践
  • 拡大会議の開催
  • 「広げよう!想いをひとつに同志の輪」をスローガンに20名の会員拡大の実践
Return Top