海老名青年会議所

渉外広報委員会

委員長

川村 舟平

事業方針

私たちは想いをひとつにしてより良い海老名を創っていく運動体です。より多くの方へ私たちの運動を知っていただき、まちづくりへの参 画意識を持っていただくためには、地域の方や団体と連携し、協力関係を構築することが重要です。その為にも地域へ向けた情報発信は計画的かつ、統一的に行 う必要があります。また海老名への「想いをひとつ」にメンバーが情報を共有し互いに理解し、相互の連携を強めていくことで地域の方たちへより強く想いを届 けられるようになります。
渉外広報委員会では対外的な窓口の機能とLOM内外への情報を発信してまいります。まず、メンバーに向けては、各種事業や日程な ど分かりやすいようにホームページ・SNSなどを活用し、公益社団法人日本青年会議所、関東地区協議会、神奈川ブロック協議会、各地青年会議所の情報を共 有することで、メンバーの参画意識を高めるのと同時に各種事業への支援につなげてまいります。また市民の皆様はもちろん、関係者・関係団体へも各種運動・ 事業などの情報を計画的に発信し、運動へのより深い理解をいただくことで想いを紡ぎ、えびなの輪を広げてまいります。
また本年は、多くのメンバーが出向の機会をいただきます。出向者が安心して自信をもって活動し、出向者個々が自分の役割を理解し スキル向上につながるような支援を行います。出向者には出向の意味など考えることやJCをより深く理解する機会を提供してまいります。それによりLOMメ ンバーがJAYCEEとして成長し、地域のリーダーとして誇りをもって活動できるように協力してまいります。
神奈川ブロック大会では、開催の意義を学び、第43回ブロック大会相模原大会へLOMメンバー全員で参加できるように設営してまいります。
渉外広報活動を通じて(公社)海老名青年会議所の認知度向上、地域の団体との連携を深めながら、各メンバーが海老名を担うリーダーしての誇りと自覚を持ち活動できるよう全力で取り組んでまいります。委員会一同どうぞよろしくお願いいたします。

事業計画

  • えびな市民の想いを紡ぐ広報活動
  • 第43回ブロック大会相模原大会への参加・設営
  • 神奈川ブロック協議会や他LOMとの円滑な渉外活動
  • 出向者への支援協力
  • 活動記録等の保存
  • ホームページ・メーリングリスト・facebookの運営維持・更新・資料の整備
    事業案内・事業報告・動画配信など広く発信
  • 姉妹LOMとの交流を促進し友情を深める事業
  • 「広げよう!想いをひとつに同志の輪」をスローガンに20名の会員拡大の実践
Return Top