海老名青年会議所

まちづくり委員会

副理事長

永井 浩介

委員長

曽根 友基

事業方針

わがまちは伝統的な地域共同体である農村の姿を残しながら、駅周辺では都市開発が急速に進み、新たに海老名へ住み始める市民も増えている中で、まちの活性化は市民がまちを愛し、利他の精神をもって生活していくことが重要な要素となります。そのためにも、私たちが地域を牽引するリーダーであるという自覚と誇りを胸に、郷土愛の醸成に努め市民同士が支え合い豊かな人間性や社会性を育めるまちにすることが大切です。

 まずは、このまちの未来を考え、まちを想い、まちを愛する多くの人や団体が連携し各々の力を集結させてさらに大きな力となり活気に溢れるまちをつくるために、講師として市長をお招きし、まちづくりについて学び考える場を設け市民の皆様と共有することで郷土海老名への愛着と誇りを持つことへ繋げます。

そして、各リーダー達と集い交流し意見交換ができる場を企画し、地域に眠る人材の交流を活性化させます。沢山の人と交流することで地域活性化の原動力となり、人と団体のネットワークを海老名青年会議所が一丸となって構築してまいります。

さらに多くの市民に発信が可能なえびフェスでは、市民と共に作り上げるシステム構築をし、海老名を代表する魅力的なまつりにすることでえびフェスに関わる人が海老名のまちを真剣に考え、愛してもらえるように取り組んでまいります。「人」と「人」とが触れ合う機会を提供し続けることで地域との連帯が図れ、まちに住む人の地域活動に対しての意識が芽生え、自らが率先して地域への関わりを持つことにつながります。地域への関わりを意識しながら市民、団体、行政、それぞれの特徴を活かし、まちの活性化を推進していきます。

当委員会の運動が一人でも多くの市民に伝わり活気あふれる次世代を見据えたまちづくりにつながると信じ、我々まちづくり委員会は郷土愛あふれた社会の実現のために一丸となり使命感をもって活動してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします

事業計画

  • 3月例会の企画・運営
  • 6月例会の企画・運営
  • 9月例会(えびフェス)の企画・運営
  • 各委員会事業への協力
  • 50名LOM必達!育もう えびな未来ネットワーク
Return Top